フリーランスのHTMLコーダーとして働くために必要な基礎知識

フリーランスという働き方の中で、WEB制作に関する案件数は近年右肩上がりの人気分野です。
これに合わせて、WEBデザイナーとともにHTMLコーダー・マークアップエンジニアといった職業に対する需要も高く、実績さえ積んでおけば比較的安定的に案件を受注し続けることが可能な職業です。
ここでは、コーダーとして働くことに興味がある方向けに知っておきたい基礎知識をお伝えします。

HTMLコーダー・マークアップエンジニアの仕事の内容

HTMLコーダー・マークアップエンジニアの仕事概要

HTMLコーダーとは、HTMLやCSS、JavaScriptなどを使って、Webデザイナーから受け取ったデザインを基にサイトを構築する職業です。
マークアップエンジニアとは、クライアントやライターから上がってきたサイトに載せる原稿をHTMLを使って、見やすさや見た目の良さなどにも配慮しながらWebサイトに掲載できる形に仕上げる職業です。
上記で示したように、呼び方によって仕事の内容の定義は異なるのですが、一般ではこの2つの職業の境界線は非常に曖昧です。企業では、コーダーという担当でどちらの仕事も行ったり、同じ仕事内容なのでマークアップエンジニアという担当名に変更になったというケースもあるくらい、一般ではこれら2つの職業はセットで考えられることが多いのです。

HTMLコーダー・マークアップエンジニアに求められるスキル

コミュニケーション能力

HTMLコーダー・マークアップエンジニアはクライアントやWEBデザイナーと言葉を交わして、デザインをWEBサイトとして構築していくことが重要です。
デザイン案だけもらえれば言葉は要らないのだと誤解する方も多いのですが、そんなことはありません。
作っていく中で、WEBサイト上のクリックやマウスオーバー時のエフェクトに関する取り決めがあったり、その他にも、形になってきたが故に「もっとこうしたほうが良い」ということが見えてくるようになります。
また、有事の際の相談だけではなく、普段から進捗状況の報告や確認をこまめに行う事で、クライアントやWEBデザイナーと一緒になってWEBサイトを作っているという認識を共有しておくことで、問題が発生したときに各自素早い対応を取る体制が出来上がります。

プログラミングの知識

HTMLコーダー・マークアップエンジニアは、WEBプログラミングによってデザインをWEBコンテンツとして作り上げることが仕事です。必然的にWEBプログラミングの知識が必要になります。
固定WEBサイト制作の場合は、HTML、CSS、javascript、jQueryといった言語の習得ができていると幅の広いデザインに対応ができるでしょう。WordPressによるWEBサイト構築の場合は、固定WEBサイトで使用する言語に加えてPHPの知識があると、テーマのカスタマイズができますのでクライアントの要望に幅広く応えることができるでしょう。

実現力と柔軟性

HTMLコーダー・マークアップエンジニアは、クライアントやWEBデザイナーの要望・指示をWEBコンテンツとして実現させるための実現力が不可欠です。これはプログラミングの知識だけでは乗り切れません。どこをどう書けばクライアントのあらゆる要望を実現できるのか?という教科書はありませんので、自分の培ってきた経験に基づく実現力で柔軟に対応していくことが必要になります。いきなり始めからクライアントの要望全てに応えることは難しいですが、しっかりと基礎を学んで経験を積んでいけば、自ずと高い実現力が身についていきます。

HTMLコーダー・マークアップエンジニアとして働くために必要な設備

パソコン

HTMLコーダー・マークアップエンジニアの商売道具といえばパソコンです。グラフィックソフトを動かすこともありますので、それなりのスペックのものを用意しておきましょう。スペックが足りない場合は、パソコンのパーツショップなどで要望を言えば手持ちのPCのスペック強化をしてもらえることがあります。よほど古いパソコンの場合は買い換える方がお買い得ですが、新しいパソコンだけどスペックが足りないという場合は、カスタマイズしてもらう方が安価に仕上がります。

グラフィックソフト

WEBデザイナーから支給されるデザインデータは、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックソフトで制作したベクターデータと呼ばれるファイルのことが多いです。このファイルを開いたり、画像データを吸い出したりといった作業もHTMLコーダー・マークアップエンジニアの仕事の対象となりますので、ベクターデータを開くことができるようにお手持ちのパソコンにはグラフィックソフトをインストールしておきましょう。

フリーHTMLコーダー・マークアップエンジニアの平均年収

HTMLコーダー・マークアップエンジニアは専門技術職です。そのため、平均年収を簡単に算出することは難しく、一般的には年収300万〜1000万円代と幅があります。この金額の差は純粋に技術レベルの程度と、経験の差によって生み出されます。
Web制作会社でコーディングを専門としている人の平均年収は300万円~400万円前後と言われていますので、コーディングの知識や技術が、人よりも優れているという場合には独立したほうがより実力に見合った収入を得ることができるケースが多いようです。技術レベルがそれほど高くない人は、会社に属している時と同じ程度の収入になるようです。

フリーランスのHTMLコーダー・マークアップエンジニアとして働くメリット

スキルアップできる

HTMLコーダー・マークアップエンジニアは経験すればするほどスキルアップが望めます。フリーランスではあなたが磨きたい技術に特化して案件を受注することができます。例えば、PHPの技術を磨きたい場合はWordPressの案件を取りに行ったり、JavaScriptやjQueryの技術を磨きたい場合はエフェクトが多いようなサイト制作の案件を取りに行ったりと、自分のスキルアップのための案件を積極的にこなすと良いでしょう。

技術者として求められている

HTMLコーダー・マークアップエンジニアはWEB制作における専門性の高い職業です。そのため、近年のWEB制作の需要増加に伴い、HTMLコーダー・マークアップエンジニアの需要は高まっています。特に、WEB制作会社では安定的に案件を回すために常にコーディング技術を持っている方の確保に努めているため、そういった企業をクライアントにすることは難易度が低く、向こうから声をかけてきたり、こちらから一度メッセージを送ると「今後案件が発生した時に相談しても良いですか?」という長期的な関係を前提とした話が進んでいきます。案件数が多い為、次々と案件を回してもらえるというメリットもあります。

フリーランスのHTMLコーダー・マークアップエンジニアとして働くデメリット

専門技術以外の業務に気を取られてスキルアップの勉強に集中しづらい

フリーランスでは、営業や経理といった事務仕事も自分で行う必要があります。一般的にHTMLコーダーやマークアップエンジニアといった専門技術職の方は、専門技術に専念し、自分のスキルアップのキャリアを積みたがる傾向がありますので、そういった方は事務業務が煩わしく感じることがあるようです。WEB制作会社から安定的に仕事を振ってもらえるような契約もありますので、そういった企業とのつながりを作っておくと、技術を磨く事だけに専念することができます。

WEBデザイナーとチームを組まないと大口案件を取りづらい

近年の傾向として、WEBサイト制作はWEBデザインとコーディングがセットとして扱われており、クライアントの認識としても、WEB制作をお願いする場合は「WEBデザインもコーディングも全てやってくれるもの」と認識していることが多いです。そのため、コーディングだけの大口案件というものがなかなかありません。WEBデザインも同時に行うスキルがある方は問題ありませんが、「自分はHTMLコーダー・マークアップエンジニアとしてコーディングに特化しており、WEBデザインはあまり・・・」というような方はWEBデザイナーの方とチームを組むと良いでしょう。WEBデザイナーも、デザイン単体では大口案件が取れないため、パートナーとしてのコーダーを探していることがあります。そういった方を見つけて、チームを組み、お互いの得意分野を活かしあって制作を進められるような体制作りを行いましょう。

高額案件を受注できるHTMLコーダー・マークアップエンジニアの考え方

HTMLコーダー・マークアップエンジニアで高額案件を受注できるかできないかの違いは、純粋な技術レベルに比例します。そのため、高額案件を受注できるようにあらゆる技術を磨く必要があるのです。SEO対策について勉強した上でのコーディングができたり、正しい文法、処理速度が速くなる書き方、JavaScriptやPHPなどのスクリプト言語に精通してプログラムが書ける、といったことができるようになれば、あなたのHTMLコーダー・マークアップエンジニアとしての付加価値がつき、高額案件の受注ができるようになります。
自分の技術を磨く事、そのための勉強に積極的になれるかどうかが、あなたが高額案件を受注できるHTMLコーダー・マークアップエンジニアとして成長できるかどうかの分かれ道となります。

SNSでもご購読できます。