クラウドワークスで受注を取るための応募メッセージを作る5つのステップ

クラウドワークスを始めとする、クラウドソーシングサイトを通じて営業を行う時は、応募メッセージで全てが決まるといっても過言ではありません。
もちろん、金額の妥当性や実績を積むことも大切ですが、顔の見えない相手にいかに自分を誠意を伝えることができるか、ということが非常に重要なのです。
ここでは、受注を取るための応募メッセージを作る方法をお伝えします。




STEP1:募集要項を繰り返し読み直す

募集要項は、上から下まで隈なく読みましょう。
募集要項に書いてある内容が漏れていたり、的外れな内容で提案していては選ばれません。クライアントの要望を適切に捉えることが肝心なのです。

STEP2:本当に受注したいと思える案件を厳選する

案件の中には報酬単価が高い案件もあります。そういった案件に飛びつきたくなる気持ちはわかりますが、まずは一旦落ち着いて、その案件が本当にあたなにとって「本当に受注するべき案件」なのかを見極めましょう。
その選定の中で重要なポイントとなるのがクライアントの質です。
どうしてクライアントの質を見る必要があるかというと、せっかく1件あたりの報酬単価が高額であっても、何度もやり直しが起きたり、話が一向に進まずに時間が余計にかかってしまったり、途中で連絡がつかなくなったりという場合は、通常の報酬単価よりも返って割の悪い案件となってしまうからです。
クライアントとあなたの相性が悪い場合は、仕事が進めづらいばかりか、営業メッセージであなたが伝えたいことがクライアントの心にはなかなか響きません。
逆に、より自分に合うクライアントを見つけ出すことができれば、あなたは自分が伝えたいメッセージを書くだけで、相手の心に響くメッセージとなるのです。

(参考:悪質クライアントからあなたを守る案件探しの方法

STEP3:適正な価格を見積もる

どれほど気持ちを込めたメッセージを書いたとしても、数多くの募集の中で報酬価格が飛び抜けてしまっていては、クライアントはメッセージを開いてもくれません。
クライアントに確実にメッセージを読んでもらうためにも、金額は盛らずに適正価格で提案をしましょう。
適正価格は、事前に自分なりに相場を調べた作業ごとの料金表を作っておくと、提案時には要望に合わせた作業を料金表から参照するだけで適正価格の総合金額を算出することができます。

STEP4:応募メッセージを作る

要望の抽出、案件の選定、適正価格の提案ができたら、次はいよいよ募集メッセージを作っていきます。
募集メッセージを作る上で大切な要素は以下の通りです。

自己紹介

まずは挨拶として自己紹介しておきましょう。名前またはID名と、自分が今何の事業を主体として活動しているのか程度の軽い自己紹介で大丈夫です。クライアントがあなたに興味を持てば、マイページを見てくれますので、詳しい自己紹介はそちらに記載しておきましょう。

自分がクライアントに提供できる価値

自分を選んでくれたなら、自分はクライアントに何を提供するのかを記載します。
「素早いレスポンス」「確実な納品」「迅速な納品」「運用のアドバイス」「長期にわたる保守」「プロ目線での提案」など何でも良いです。あなたがクライアントにできることをあなたの強みとしてアピールしましょう。

実績

フリーランスとして活動してきた実績を明記しておきましょう。クラウドソーシングサイト上での実績ページや、自分のサイトを持っている場合は、そちらに実績一覧を作っておき、そのURLを伝えると良いでしょう。自信を持って晒せる実績というのは、クライアントにとっては非常に強い説得力を持ちます。

提案

業務の内容や金額の提案を行います。事前に決めておいた適正価格の提案価格を伝えましょう。
このとき、できれば作業ごとの明細で金額を出しておきましょう。明細があることで、クライアントに根拠のある見積もりなのだという安心感を与えることができます。

業務の進め方や納品の注意点

自分と契約した場合、どのように業務が進んで行くのかを記載しておきましょう。
この記載があると、クライアントはあなたとの契約の流れをより現実的かつ具体的にイメージできるため、どういった流れで進むかわからない他の方の募集よりも「案件を進めやすそうだな」という印象を持ってもらうことができます。
また、業務の内容によって納品方法は異なるものです。最初にすり合わせを行っておきましょう。

お約束

クライアントと契約した際に、あなたが何をお約束するのかを記載しておきましょう。
「秘密厳守」「コンプライアンス遵守」「案件の遂行」など記載しておくと良いでしょう。

結びの挨拶と署名

最後に、改めてご挨拶しておきましょう。簡単で良いです。
署名では、最後に自分の名前またはIDを改めて名乗っておきましょう。全部読み終わったクライアントが「この人いいな」と思った時にすぐに目に入る位置に名前があると、覚えてもらいやすくなります。

STEP5:クライアントの立場になって応募メッセージを読んでみる

応募メッセージが書けたら、一度クライアントの立場になって応募メッセージを読んでみましょう。スペルミスや粗があった場合、ここで気づいて修正することができます。

応募メッセージの例文

募集メッセージの例文として、以下のような充実した内容のメッセージを送りましょう。

はじめまして、私は山田と申します。
IT企業に5年間勤めた様々なジャンルの開発経験を活かし、皆様に120%ご満足いただけるようなシステム提案を理念に掲げ活動しております。

今回、業務効率化システムの構築ということで、ぜひ田中様のお力になりたくご応募させて頂きました。
私の実績と致しまして、多種多様な業種の業務アプリケーションの開発経験がございます。
システムにあまり詳しくないクライアント様とも何度もご一緒させていただいたこともあり、こちらから説明をしながらクライアント様が本当に求めている機能のご提案をさせていただくことを得意としております。
ご依頼いただいたシステムの納品率は100%であり、途中で投げ出さずに根気よくシステムの実現に尽力できると自負しております。
常により高いお客様満足度を目指しており、実際にお仕事をご一緒させていただいたお客様からはクオリティ・スピード・作業の進め方等総合的に高い評価を頂いております。
ぜひお力になりたく思いますので何卒、宜しくお願いいたします。

*実績
■クラウドワークス受注案件実績
https://〜
■当方実績サイトに掲載されているポートフォリオ
http://〜〜

*金額
今回、募集要項の内容を踏まえて初期お見積もりを出させていただきました。
金額・明細は添付ファイルをご確認くださいませ。
さらに詳しい要件をいただける場合は、内容を精査して再見積もり致します。

*作業の進め方
①クラウドワークスご契約
②要件定義(ヒアリング)
③画面設計
④詳細設計
⑤製造
⑥当方運用テスト
⑦お客様運用テスト
⑧納品
全体的な作業の進め方としては、コミュニケーションを密にとってその都度要件をすり合わせながら進めていきたいと思います。

*納品
納品の方法は、お客様環境により異なりますので別途ご相談させてください

*お約束
・コンプライアンスを遵守します。
・納期と品質を守り、お客様にご納得頂けるシステムを納品いたします。

*その他備考
・秘密保持契約の締結も可能です。ご希望の場合はお伝えくださいませ。

ぜひ、お力になりたく思います。
ご相談などございましたら何でもお気軽にお声がけくださいませ。
ご連絡をお待ちしておりますので宜しくお願いいたします。

長文を読んでいただき、ありがとうございました。
何卒ご検討のほど、宜しくお願いいたします。
山田



SNSでもご購読できます。