案件の探し方がわかる!フリーランスの受注について

フリーランスとして働く上で、「そもそも案件って、どうやって見つけるの?」という疑問を抱く方もいらっしゃると思います。
ここでは、フリーランスの案件の探し方についてご紹介していきます。

単発案件を探す

クラウドソーシングサイトを使う

クラウドワークス

ランサーズに並ぶ、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。
ランサーズと比較するとサイトの運営年数は若いですが、案件の種類と数を比較するとランサーズと同格またはそれ以上のサイトであるということがわかります。
信頼性が高く、利用者も多いサイトですので、フリーランスとして働く上では、まず最初にクラウドワークスのアカウントは取得しておくことをお勧めします。
案件の傾向としては幅広い業種を取り扱う総合型のクラウドソーシングサイトです。経験不問のタスク案件も非常に多く取り扱っていますので、初心者の方はクラウドワークスを利用して経験を積むのが良いでしょう。もちろん、大規模な案件も数多く揃っていますので、大型案件に狙いをつけているフリーランサーさんにもおすすめのサイトです。



ランサーズ

クラウドワークスと並ぶ、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。案件の種類と数が多く信頼性の高いサイトであるため、フリーランスとして働く上ではランサーズのアカウントも取得しておくと良いでしょう。
案件の傾向としてはどの業種も数多く揃っている総合型のクラウドソーシングサイトですが、クラウドワークスと比べると、若干システム・プログラムといったIT開発に寄っている印象を受けます。ランサーズにしかない案件も数多く存在しています。
案件規模は小さいものから大きいものまで幅広く、実績を数多く積みたい方にも大型案件をピックアップして受注したいという方にもおすすめです。



クラウドソーシング「ランサーズ」


自分のHPやブログ、SNSを使って問い合わせを集める

例えばあなたがライターだった場合、基本的なニーズとして「あなたが記事を書いて報酬を得たい」という要望と「クライアントがお金を払って誰かに記事を書いて欲しい」という要望の2つがあります。
クラウドソーシングサイトを使う方法は、「あなたが記事を書いて報酬を得たい」に着目した、「あなたがクライアントを探す」能動的な案件探しの方法です。
一方、「クライアントがお金を払って誰かに記事を書いて欲しい」に着目する場合は、「クライアントがあなたを探す」受動的な案件探しの仕組みを作る必要があります。
具体的には、自分のWEBサイトやブログ、SNSのページを持ち、そういった場で自分がライターとして記事が書けるということを広く発信していきましょう。できれば、自分がどういった記事を書くのが得意で、どういったことを意識したライティングテクニックを持っているのかのアピールもしておきます。
そうすると、ライターを探しているクライアントがWEB上のあらゆるツールを辿ってあなたのWEBサイト、ブログ、SNSページにたどり着き、あなたがどういったライターであるかを知った上であなたにコンタクトを取る、という一連の流れが出来上がるわけです。
クライアント側からコンタクトを取る仕組みを作るメリットとしては、「口コミで広がりやすい」「営業の手間が省ける」「相手に合わせず自分の料金プランを適用できる」ということが挙げられます。
また、クラウドソーシングサイト上で応募を行う際に、自分のサイトやブログを持っていると営業ツールとしても有効活用できますので、フリーランスとして活動していくうえで自分のメディアを持つことをおすすめします。

継続案件を探す

リピーターを作る

最初から継続案件を募集されていることも稀にありますが、基本的にクラウドソーシングサイト上での募集は単発のものが多いです。
では、どうしたら継続案件に出会えるのか?それは、自分でリピーターを作り継続案件につなげていくということが重要になります。
案件を安定的に確保するためには、リピーターを作ることが重要です。
リピーターを作ると、次々と新しいクライアントと関わるよりも、お互いに信頼が置けるビジネスパートナーとしての付き合いができる方が、より高品質で相手の意図を汲んだサービスの提供ができるようになります。
クライアント側にとっても、新しいフリーランサーを探すよりは、以前仕事をして良かったと思う相手にもう一度お願いする方がはるかに手っ取り早く安心ができるのです。
リピーターを作るためには、まずはあなたが相手にとって信頼が置ける存在になることです。成果物を高品質で提供すること、納期は必ず守ること、素早いレスポンスで相手に不安を感じさせないことなど、相手にとって「この人にまたお願いしたい」と思われるような仕事をしましょう。

定期プランを提案する

定額プランとは、1ヶ月の中で決まった作業を行い、それに対する報酬を都度見積もりではなく定額で提案するものです。
例えば、WEB制作であれば「月○時間以内のカスタマイズを含む保守作業一式○万円」、マーケティングであれば「月1回アナリティクス解析レポート提出+改善点の提案で月額○万円」といったようなものです。
定額プランを提案する意図としては、月の収入を安定させる、単発案件を減らすことで営業にかける時間を削減する、固定の優良クライアントとの結びつきを強くするということがあります。
「月の収入を安定させる」は言わずもがな、単発案件だけの場合は案件が取れなければ月額報酬0円です。リピーターがついていても、あくまで単発の依頼の繰り返しとなりますので、依頼が無い月だって出てきます。そういった月は、慌てて他に募集が無いか探したりするものですが、「案件が取れなければ生活が苦しい」というストレスを抱えたままフリーランスを続けると、いつか心を病んでしまいます。
定額プランを組むことは、月額報酬0円を脱することができるため、心に余裕を持てるのです。
また、定額プランでは、あらかじめ時間枠の目処が立つため、スケジュール調整を気にせず仕事に取り組むことができるというメリットもあります。
リピーターがついたら、折を見て、そのリピーターに定額プランの提案をしましょう。

案件を仲介してくれる業者を探す

フリーランスの需要と供給の記事で紹介した通り、現在のビジネス社会ではWEBに関する需要に供給が追いついていないという現状があります。
そのため、WEB関連の事業を行っている企業内だけでは手が足りず、フリーランスに依頼を出すという企業が増えています。
対仲介業者、対企業といった豊富な案件を持つ相手と直接関わりを持つ事のメリットとしては、自分はクライアントに直接営業をかけなくても安定的に案件を回してもらうことができるため、自分の業務に専念することができるということです。
デメリットとしては、契約の内容によっては、自分の成果物が相手の企業の制作物として扱われてしまい、自分の実績として残らないということがあります。契約時には成果物の扱いについてお互いに納得がいく形で契約を行いましょう。

まとめ

ここでは、フリーランスの「単発案件」「継続案件」の2つを見てきました。
それぞれの割合は、あなたの性格やキャパシティによって調整してくださいね。
例えば、作業スピードに自信があり、とにかくたくさん案件を回して収入を得たいという方は継続案件より単発案件の受注に力を入れると望み通りの報酬が得られるでしょう。
逆に、じっくり着実にクライアントの要望を抽出したいという場合は、時間に余裕が取れる継続案件の受注に力を入れたほうが良いでしょう。
自分がフリーランスとしてどのように働き、どの程度の収入を得たいのかを一度見つめ直し、自分のワークライフバランスを損なわない形で案件受注には取り組みたいものです。

SNSでもご購読できます。