開業届を出してフリーランス生活をスタートさせる手順

事業を開始するにあたって、税務署に開業届を出す必要があります。具体的には、原則として開業から1ヶ月以内に「個人事業の開業・廃業等届出書」をお住まいの地域の管轄税務署に対して提出する必要があります。
ここでは、開業届を出す手順を追ってみていきましょう。

税務署に行く前の準備をする

印鑑を用意する

開業届を出す時には、印鑑が必要になります。個人用の印鑑でも構いませんが、こちらの記事(フリーランスとしての開業を決めたら準備するもの)で紹介したように、事業用印鑑を予め用意しておくと、印鑑が事業用に統一できるのでおすすめです。



「個人事業の開業・廃業等届出書」をダウンロードする

「個人事業の開業・廃業等届出書」は、税務署に行けばもらうことができますし、その場で記入して提出することもできます。
現地で書くのが嫌な場合は、事前に様式をダウンロードすることができます。
家で開業届を書いて、税務署では提出のみ行います。
現地で書くという方は、このステップは飛ばしてください。

様式のダウンロードはこちらの国税庁のHPから行えます。
個人事業の開業・廃業等届出書

「所得税の青色申告承認申請書」をダウンロードする

個人事業主としての確定申告で、青色申告を選択される場合には「所得税の青色申告承認申請書」の提出が必要です。「個人事業の開業・廃業等届出書」と同様に税務署に行けばもらうことができますが、家で書類一式を揃えて、税務署では提出のみ行いたい場合は様式をダウンロードして記入しておきましょう。
現地で書くという方は、このステップは飛ばしてください。

様式のダウンロードはこちらの国税庁のHPから行えます。
所得税の青色申告承認申請書

自分が住んでいる地域の管轄税務署を調べる

税務署には、地域ごとに管轄税務署があります。
こちらの国税庁HPから自分が住んでいる地域の管轄税務署を調べることができますので、事前に調べておきましょう。
管轄税務署一覧

税務署へ行く

「個人事業の開業・廃業等届出書」を記入する

開業届は、後々に来る確定申告の時に、自分がどういった内容で開業届を出していたかを確認することがあります。(自分が記入した職業、屋号に間違いがないことをを確認する時など)
そんなときのためにも、提出するものと同じ内容の控えを取っておきましょう。
税務署にコピー機が置いてある場合は問題がないのですが、置いてない場合もあります。そんな時は同じ内容の開業届を2枚書き、1枚を提出用、1枚を控えとしましょう。
事前に家で書いてきた場合は、次のステップへ進んでください。

所得税の青色申告承認申請書」を記入する

「所得税の青色申告承認申請書」を提出しない場合は、自動的に白色申告となります。
しかし、近年では経理ソフトの飛躍的な向上のおかげで、初心者でも簡単に青色申告を行うことができますので、「所得税の青色申告承認申請書」を提出して青色申告を行うようにしましょう。
白色申告では受けることができなかった、数々のメリットがあります。
経理ソフトでは王道である「やよいの青色申告」を入れておくと確定申告も安心ですね。



書類を提出する

「個人事業の開業・廃業等届出書」「所得税の青色申告承認申請書」を税務署の受付に提出します。職員の方がその場で確認のうえ、受付印を押して提出終了になります。
これにて、あなたのフリーランスとしての開業が完了します。オフィスの準備や営業を開始したりと、実際に事業を開始していきましょう。

SNSでもご購読できます。