フリーランスなら確実に抑えておきたい確定申告のポイント

フリーランスとして働く上で、皆さん平等に行わなくてはならないのが「確定申告」です。
しかし、「確定申告」というものがどういったものかがよくわからない方もいらっしゃると思います。
ここでは、確定申告とはどういったものなのか、どういった流れで進んで行くのかにフォーカスを当ててみていきましょう。

確定申告をやる意味

サラリーマンとして働いた経験がある人は、「今まで確定申告なんてやったことないのにフリーランスになるとどうしてやらなくてはならないのだろうか」と疑問に思われるかもしれませんね。
まず、国の制度として3つの制度があります。
一つ目は、企業が予め給与から国に納める税金分の金額を概算で算出して差し引いた額を支給するという源泉徴収制度です。
二つ目は、年末になると源泉徴収制度で概算で引かれていた金額と実際に納めるべき金額の差分を計算し、その分のお金を返還するという年末調整です。
そして三つ目が、1月1日〜12月31日までの実際の所得と個人を取り巻く要因(例えば引っ越しを行った、結婚した、扶養に入った、扶養家族ができた、家を買った、など)を考慮して実際にかかる所得税を計算し、2月16日〜3月15日までの期間内にその納税額を納めるという確定申告です。

サラリーマンの方は、基本的に会社に届出をすれば大抵の場合は会社が調整を行ってくれるので源泉徴収と年末調整だけで済みます。
しかし、フリーランスではそもそも源泉徴収を代わりにやってくれる人がいませんので、自分で確定申告により1月1日〜12月31日の収入を計算・提出する必要があるのです。
サラリーマンでもフリーランスでも、所得額や個人の要因によって所得税の計算が行われ、所定の額を支払わなければならない点は同じです。
確定申告を行い、正しい額を納税することは国民の三大義務の「納税の義務」にあたります。
しっかりと申告・納税を行っていきましょう。

申告の種類

確定申告には「白色申告」と「青色申告」の二種類があります。

白色申告

白色申告とは、事業所得が20万円を超えると必要になる申告で、通常開業時に青色申告を選択されていない場合はこちらの白色申告が適用されています。
白色申告の特徴は、とにかく簡単という点です。簿記の必要がなく、家計簿のような手軽な内容で申告可能です。
しかし、青色申告のように税金対策としての特例などが少なく、節税効果が薄いという特徴があります。

青色申告

フリーランスとして働くのであれば、節税効果が高い青色申告を選択しておきましょう。
青色申告の中にも「単式簿記」「複式簿記」の2種類から選ぶことができますが、それぞれ青色申告控除額が単式簿記の場合は10万円、複式簿記の場合は65万円と金額に開きがあります。
複式簿記の場合はさらにいろいろな特例があります。
例えば、本来10万円以上の品を購入すると、経費として一括で計上ができなくなり、減価償却を行う必要があるのですが、青色申告で複式簿記を選択された場合は30万円までの品であれば一括計上ができるという特例があります。これは1年間に合計300万円までであれば何回でも適用可能です。
「複式簿記」と聞いて難しそうと構える方も多いのですが、これは今では簡単に行うことができます。
というのも、昔であればアナログの帳簿に自分で色々と関連づけをしながら記入をしていく必要があったため大変だったのですが、現在では便利な青色申告ソフトがあります。このソフトを使うことで、自分は入力画面から収入・支出の「日付」「科目(水道光熱費、通信費といった分類)」「取引手段(現金、引き落とし、クレジットカード決済といった会計方法)」「概要」「金額」を入力するだけであとはソフトが勝手にすべて関連づけを行ってくれます。
確定申告の時期もソフトの指示に従って追加の入力項目(医療費、ふるさと納税の有無など)を入力して保存するだけで、あなたの所得税を計算・入力済みの確定申告書がダウンロードすることができますので、それを印刷して提出するだけで青色申告複式簿記の確定申告を終えることができます。



消費税納税者の対象となる人

日本では商品購入やサービスを受けた時に発生する税金として、代金の8%がかかります。そのお金は最終的には国に納める必要があるのですが、フリーランスの場合、クライアントから消費税を受け取って、自分が国に納めるといった中間の役割を行う必要があります。
ただし、すべてのフリーランスが消費税を国に納めなくてはならないわけではありません。「課税事業者」と「免税事業者」のうち、課税事業者だけが国への納税義務があります。
課税事業者かどうかの判断は、2年前の課税売上高が1,000万円を超えるかどうか、2年前は1,000万円未満でも1年前の課税売上高が1月~6月の半年で1,000万円を超えるかどうかで判断されます。
あなたが今年フリーランスとして活動を始めたばかりの場合は、2年前の課税売上高がありませんので免税事業者となります。

確定申告時期に行われる講習会へ参加するメリット

確定申告の申告時期は2月16日〜3月15日とされていますが、12月以降、お住まいの市町村から確定申告の講習会に関するお知らせが届きます。
この講習会にはぜひ出席しておきましょう。参加費用は不要です。
講習会自体、はじめての確定申告を行う方にとっては非常に有意義なものですし、確定申告に必要な書類を予めもらうこともできます。
そして、何より講習会後に税理士さんに直接質問することができます。
会場を出ると数人の税理士さんがスタンバイしており、希望の方は順番について税理士さんに直接「こういう場合はどうしたら良いのですか?」という質問ができるのです。
講習では主に自営業で物販する場合を想定した説明を行います。フリーランスの場合、仕入れや棚卸しが無く、提供する物も様々な形をしている分、「自分の場合はこれはどうしたら良いのだろうか」と感じることが多々有ります。そういった疑問をスッキリと解消することができます。

確定申告の手順

日々月締めをしておく

確定申告の時期にバタバタしないためにも普段日頃から月締めを行う習慣をつけておきましょう。月締めを行うことで、確定申告の手間を大幅に減らすことができます。
(参考:フリーランスとして働くなら確定申告に備えて月締めする習慣をつけよう

12月31日を過ぎたら会計ソフトの「確定申告」の入力を行っておく

確定申告は1月1日〜12月31日までの収入・支出を申告するものです。
実際の確定申告の期限は3月15日までですが、12月31日を過ぎると既に1年分の全ての収入・支出の総額が確定するので、空き時間を見つけて確定申告の準備をしておきましょう。
やよいシリーズの会計ソフトでは、メニューの中に「確定申告」という項目があります。確定申告の入力画面では、「Step1.減価償却費の計算」「Step2.青色申告決算書の作成」「Step3.確定申告書の作成」の3つのステップで確定申告の準備を行うことができます。
Step3のみ、2月の確定申告の準備期間に入るまではクリックができない状態なのですが、Step1,Step2は事前に入力することができます。ページのアナウンスに従って、入力を済ませておきましょう。

確定申告の提出書類一式が送られてくるのを待つ

実際に確定申告を行うには、税務署から送られてくる確定申告提出書類一式を待つ必要があります。これは、年明けから順次発送が開始され、だいたい1月中旬〜2月中旬の時期には届きます。
届く住所は、開業届を出した際に記入した住所です。引越しをされたのに税務署にまだ住所変更を出していない方、住所を書き間違えてしまった方には届きませんので、1月中旬〜2月中旬になっても書類が送られてこない場合は、最寄りの税務署に問い合わせて確認を行いましょう。

確定申告に使う書類を会計ソフトから出力する

確定申告の提出書類一式が送られてくるころには、やよいシリーズの「確定申告」の中で唯一クリックができなかった「Step3.確定申告書の作成」が押せるようになっています。
これをクリックして、確定申告書を作成しましょう。

各種書類を印刷する

ここまでのステップで各種書類の作成が完了しました。あとは書類を揃えて税務署に提出するだけです。
会計ソフトで「青色申告決算書」「仕訳帳・総勘定元帳」「所得税確定申告書」をダウンロードするボタンがありますので、それをクリックして各種書類をダウンロードしましょう。
次に、ダウンロードした「青色申告決算書」「所得税確定申告書」と、事前にこちらの記事(フリーランスとして働くなら確定申告に備えて月締めする習慣をつけよう)で紹介している医療明細の一覧表の3つを印刷しましょう。これら3つと医療費の領収証一式を提出する必要があります。「仕訳帳・総勘定元帳」は提出は行いませんが、7年間の保存義務がありますので大切に保管しておきましょう。

税務署に郵送または持ち込み、e-Taxソフトで提出する

最後に、税務署への提出を行います。
提出の方法は「郵送」「持ち込み」「WEBで提出」の3つがあります。
郵送の場合は、税務署から送られてきた確定申告所作成書類一式の中に同封されている、提出用の封筒をのり付けして使います。しっかりとのり付けしてポストに投函して確定申告完了です。後日、税務署から収受日付印を押した控えが送られてきます。
持ち込みの場合は、管轄の税務署に書類一式を持ち込み、直接その場で職員に手渡しする方法です。その場で職員が書類に不備が無いかを確認のうえ、収受日付印を押した控えを発行してくれます。最初の確定申告で自信が無い方にはおすすめの方法です。受付は順番が回ってきたらあっという間に終わります。「なるほど、こういうものなのか」とわかれば次年度からは郵送やWEB提出に切り替えても良いと思います。
確定申告締切りの3月15日の近辺は非常に混み合いますので、混雑が嫌な場合は早めに税務署に提出するか、郵送、WEB提出を選択しましょう。
WEB提出では、e-Taxソフトを使って確定申告書の電子データを提出します。家の中で確定申告を終えることができるので、一番手間が無い方法になります。

まとめ

フリーランスとして押さえておきたい確定申告のポイントについて見てきましたが如何だったでしょうか。
あらかじめ全体の流れを知っているのと知らないのとでは、いざという時の心の負担が大きく変わります。この記事を読んだあなたは、確定申告のポイントと流れを知ることができましたので、実際の確定申告の際には慌てずに提出を終えることができるでしょう。

SNSでもご購読できます。