フリーランスのプログラマとして働くために必要な基礎知識

フリーランスという働きの中で、プログラマという職業は非常に専門性が高い分野です。
そのため、あなたの専門技術レベルと案件数は比例の関係にあります。つまり、技術が高ければ高いほど、数多くの案件を手がけることができるため、安定的に収入を得ることができるばかりか企業勤めのときの何倍もの収入を得ることができます。逆に言えば、あなたの技術レベルが低いのであれば、安定的に案件を受注するのが難しい分野でもあります。
ここでは、プログラマとして働くことに興味がある方向けに知っておきたい基礎知識をお伝えします。

プログラマの仕事の内容

プログラマの仕事は、プログラムを書くことです。
あらゆる分野のシステムやアプリケーションを構築するためのプログラムをあらゆるプログラミング言語を使って作ります。抽出した要望からシステムにおける設計を行い、開発、試験を行っていきます。

プログラマに求められるスキル

コミュニケーション能力

エンジニアには高いコミュニケーション能力が求められます。クライアントの要求をしっかりと汲み取り、プログラムに落とし込むことが求められるからです。
システムの設計を行うためには、クライアントの細かな要望も抽出する必要があります。しかし、クライアントはシステム開発に関してそれほど詳しくない場合が多い為、自分たちの要望を自分たちの業務レベル目線で話します。エンジニアは、足りない情報を会話を通じて補填しながら自分たちが設計を行えるレベルまで要件を練るのです。

プログラミングの知識と経験

システムやアプリケーションは、プログラミング言語を使ったプログラミングによって作られます。
そのため、エンジニアにはプログラミングについて詳しくなくてはなりません。クライアントの要望に対応するためにはどんなプログラミング言語、構成が最適なのかを総合的に判断するための予備知識も必要ですし、プログラマは自分自身がプログラミングを行いますので、必然的にプログラミングの知識と経験が必要です。
様々な技術に精通し、多くの経験を積んだプログラマはあらゆる開発案件での需要があります。

システム設計の知識と経験

プログラマの業務の中には、システムの設計も含まれています。特に大型案件では要件定義からシステム設計を通して開発に入るケースが多いため、システム設計もできるエンジニアが求められます。

プログラマとして働くために必要な設備

パソコン

開発にはパソコンを使います。開発が可能なスペックを兼ね備えたパソコンを用意しておきましょう。
また、作業する際にはこまめにバックアップを取るようにしておきましょう。何らかの理由でデータが飛んでしまうことがあり、その際にバックアップを取っていなかった場合、あなたの今までの成果が全て無かったことになってしまいます。
外付けハードディスクに一定時間ごとにデータを吸い出すようなバックアップを行ったり、Githubのようなソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスを活用しても良いでしょう。

開発ソフト

開発を行うには、開発用のソフトウェアが必要になります。
Java開発であればEclipce、C#やVBであればVisualStudioといったように、開発の内容によって必要なソフトウェアは異なります。
あなたの開発に最適なソフトウェアをあらかじめパソコン内にインストールしておきましょう。

フリーランスプログラマの平均年収

フリーランスのプログラマの平均年収は300〜400万円台と言われています。
しかし、プログラミングだけではなく、要件定義から設計までを行う技術があり、システムエンジニアとしての活動ができる技術を持っている人や、プログラマとしての技術が卓越している人であれば、さらに高額な収入を得ることができます。

フリーランスのプログラマとして働くメリット

単価が高い

プログラマの契約案件の特徴として、専門性が高いため単価が高いという良い特徴があります。
規模の大小はありますが、1件あたり50万円を超えるような案件が多いです。月1件分の案件が取れれば、少なくとも普通に生活していくだけの収入を得ることができます。

自分の最適な環境で開発に専念できる

エンジニアであれば、自分に最適な環境であれば最大限力を発揮できると感じる人が多いのではないでしょうか。しかし、会社勤めであれば電話の音や人の話し声、あるいはパソコンのスペックや椅子の座り具合といったあらゆる問題があなたの集中力を邪魔してしまいます。フリーランスのエンジニアとして働く時には、自分が最大限力を発揮できるような環境を自分で作り、その中で作業することができます。気持ち良く仕事ができ、集中できることでより専門的な内容にのめり込むことができます。

フリーランスのプログラマとして働くデメリット

「プログラミングだけ」では案件が取れない

フリーランスのプログラマとして働くのであれば、「プログラミングだけ」の能力ではなかなか案件を取ることが難しいです。
プログラマとしてプログラミングだけを行いたいという方は要注意です。フリーランスの開発案件では、要件定義から始まる案件数の方が多いため、ある程度要件定義や設計の技術ももっていないと大型案件を取ることは難しいでしょう。

開発以外の業務も自分でやる必要がある

フリーランスで働くことになれば、営業や経理といった開発以外の業務も自分で行う必要があります。
そういった業務をせず、淡々とソースコードと向き合いたいという場合は企業勤めの方が何もしなくても案件が次々舞い込んできますので合っていると言えるでしょう。

高額案件を受注できるプログラマの考え方

プログラマとして高額案件を受注できるようになるには、高い技術力が必要です。
しかし、技術さえ高ければ良いというものではありません。
基本的にシステムは大きくなればなるほど、複数人での開発が必須となってきます。その時に、チームでのコミュニケーションをとることができない人や、プログラムのソースコードの書き方がぐちゃぐちゃになっていて他の人がソースを読めないような状態になる方は嫌煙されてしまいます。逆に、技術力はそこそこでも、チーム開発能力が高いプログラマであれば、案件をやっていく中でのスキルアップが見込めるため、高額案件に関わるチャンスが巡ってきます。
プログラムは「動けばいい」ではありません。
そのことをしっかりと意識したプログラムが書ける人こそが、引く手数多なプログラマになれるのです。

SNSでもご購読できます。