フリーランスのシステムエンジニアとして働くために必要な基礎知識

フリーランスという働きの中で、システム・アプリエンジニアは非常に専門性が高い分野です。
そのため、あなたの専門技術レベルと案件数は比例の関係にあります。
つまり、技術が高ければ高いほど、数多くの案件を手がけることができるため、安定的に収入を得ることができるばかりか企業勤めのときの何倍もの収入を得ることができます。逆に言えば、あなたの技術レベルが低いのであれば、安定的に案件を受注するのが難しい分野でもあります。
ここでは、システムエンジニアとして働くことに興味がある方向けに知っておきたい基礎知識をお伝えします。

システム・アプリエンジニアの仕事の内容

システム・アプリエンジニアと言っても、その仕事内容は多岐にわたります。
業務系システムやアプリケーションを作るシステムエンジニア、サーバー構築や保守を行うサーバーエンジニア、データベースの設計や管理保守を行うデータベースエンジニア、基幹系システム開発を行うんふらエンジニア、WEBサービスの開発を行うWEBエンジニアなどがあります。
業務の内容によって仕事の進め方は細かく分かれますが、大雑把な流れは「要件定義」「設計」「製造」「試験」「運用」となります。これらの流れのマネジメントも含めて行うのがシステム・アプリエンジニアになります。設計・製造・試験工程のみを行う技術者を「プログラマ」といいます。

システム・アプリエンジニアに求められるスキル

コミュニケーション能力

エンジニアには高いコミュニケーション能力が求められます。
要件定義の段階では、クライアントの要望をシステム設計に落とし込めるレベルまで細かく抽出することが求められます。
しかし、クライアントはシステム開発に関してそれほど詳しくない場合が多い為、自分たちの要望を自分たちの業務レベル目線で話します。エンジニアは、会話を通してクライアントの話をシステム設計に落とし込みながら、足りない情報は随時クライアントに確認する形で要件定義を行っていきます。
また、コミュニケーションが必要なのは要件定義だけではありません。設計時には画面設計などで使い勝手について煮詰める必要がありますし、全体の進捗報告といった部分で開発全体を通してコミュニケーションが必要となります。

プログラミングの知識

システムやアプリは、プログラミング言語を使ったプログラミングによって作られます。
そのため、エンジニアにはプログラミングについて詳しくなくてはなりません。
クライアントの要望に対応するためにはどんなプログラミング言語、構成が最適なのかを総合的に判断するための予備知識も必要ですし、自分自身でプログラミングを行う時にはプログラムの作り方や書き方について詳しくなくてはなりません。

開発の経験

フリーランスのシステム・アプリエンジニアとして活動するのであれば、開発を行った経験が必要です。
システム・アプリ開発は専門性が高く規模が大きいため、開発経験がない方は案件を受注することが非常に難しいのです。
プログラマであれば開発経験は無くても案件を受注する事ができますので、そちらで開発経験を積む事で、じきにシステム・アプリ開発の案件を受注することができるようになります。
システム開発の本を読んだから知識はある!という方でも、開発経験が無い方は、まずはシステムエンジニアの元でプログラマとして一通りの開発ロジックを経験してスキルアップしてからにしましょう。

システム・アプリエンジニアとして働くために必要な設備

パソコン

開発にはパソコンを使います。開発が可能なスペックを兼ね備えたパソコンを用意しておきましょう。
また、作業する際にはこまめにバックアップを取るようにしておきましょう。何らかの理由でデータが飛んでしまうことがあり、その際にバックアップを取っていなかった場合、あなたの今までの成果が全て無かったことになってしまいます。
外付けハードディスクに一定時間ごとにデータを吸い出すようなバックアップを行ったり、Githubのようなソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスを活用しても良いでしょう。

開発ソフト

開発を行うには、開発用のソフトウェアが必要になります。
Java開発であればEclipce、C#やVBであればVisualStudioといったように、開発の内容によって必要なソフトウェアは異なります。あなたの開発に最適なソフトウェアをあらかじめパソコン内にインストールしておきましょう。

フリーシステム・アプリエンジニアの平均年収

フリーランスのシステム・アプリエンジニアの平均年収は700〜800万円台と言われています。
これは一般的な会社員の年収よりも高額です。一般のIT企業に社員として勤めるより、フリーランスとして独立した方が高収入を得ている方が多いということですね。
もちろん、技術が拙ければ案件自体を取ることが難しいので収入は大幅に下がりますし、逆に突出した技術があればより高額な収入を得ることが可能です。

フリーランスのシステム・アプリエンジニアとして働くメリット

単価が高い

システム・アプリエンジニアの契約案件の特徴として、専門性が高いため単価が高いという良い特徴があります。
規模の大小はありますが、1件あたり50万円を超えるような案件が多いです。月1件分の案件が取れれば、少なくとも普通に生活していくだけの収入を得ることができます。

自分の最適な環境で開発に専念できる

エンジニアであれば、自分に最適な環境であれば最大限力を発揮できると感じる人が多いのではないでしょうか。
しかし、会社勤めであれば電話の音や人の話し声、あるいはパソコンのスペックや椅子の座り具合といったあらゆる問題があなたの集中力を邪魔してしまいます。
フリーランスのエンジニアとして働く時には、自分が最大限力を発揮できるような環境を自分で作り、その中で作業することができます。気持ち良く仕事ができ、集中できることでより専門的な内容にのめり込むことができます。

スキルアップができる

フリーランスのシステム・アプリエンジニアとして働く場合、自分で案件を選ぶことができます。
そのため、自分がスキルアップのために学びたい技術を使う案件をあえて選択していくことで、あなたは会社勤めの頃は出来なかったような技術的なスキルアップができるのです。

フリーランスのシステム・アプリエンジニアとして働くデメリット

個人ではできることに限りがある

フリーランスで働く職業全てに当てはまることですが、フリーランス1人でできる案件規模には限りがあります。
しかし、システム・アプリエンジニア向けの案件は他の職業の案件よりも規模が大きいことがおおいため、1人で見きれないような案件に出会うと泣く泣く案件を見過ごさなくてはならないことがあります。
こういった事態に対応するため、ある程度同業者同士の横のつながりを持っておきましょう。大きな案件に出会った時は、横のつながりを活用してチーム開発を行うことで、大型案件の実績を積むことができます。

開発以外の業務も自分でやる必要がある

フリーランスで働くことになれば、営業や経理といった開発以外の業務も自分で行う必要があります。
そういった業務をせず、淡々とソースコードと向き合いたいという場合は企業勤めの方が何もしなくても案件が次々舞い込んできますので合っていると言えるでしょう。

高額案件を受注できるシステムエンジニアの考え方

選ばれるシステムエンジニアになるためには、単なるシステム屋に留まらないことです。
クライアントの要望を聞き、それを確実に実現する能力は重要です。確かにそれだけでも十分にクライアントに価値を提供することができますので、最初のうちはそれで良いでしょう。
しかし、ただ言われた内容を実現するに留まっていては、同じような技術レベルの人が現れた時に、最終的には価格競争に持ち込まれてしまいます。その結果、クライアントが違うシステムエンジニアに乗り換えたり、より安い開発費用での契約を迫られたりとあなたにとって不利益でしかないことが起きます。
では、どうしたら良いのか。
それは、あなたのシステム開発にあなた独自の付加価値を付けることです。
アイディアを出すことに自信がある人は、新しい機能を自発的に提案するということでも良いですし、保守に自信がある人は、保守の体制を整えて全面的なサポートを行うことでも良いです。知識が多方面に豊富な方は、あらゆる角度からシステムを見た結果のアドバイスをしても良いでしょう。
とにかく、ただシステムを作って納品するだけではなく、クライアントに「あなた流のシステム開発」の価値を感じてもらうことが重要なのです。

SNSでもご購読できます。