あなたが「自分の強みを活かした仕事」を呼び寄せる方法

あなたは仕事で自分の「強み」を活かせていますか?
企業内で、自分の能力を活かして仕事をしたいと思っているならば、待っているだけではいつまでたっても状況は改善しません。
ここでは、自分の強みを活かした仕事を呼び寄せる方法をご紹介します。

自分の強みを活かして仕事をすることのメリット

あなた自身が充実感を得られ、企業からの信頼度もアップする

あなたは、自分が得意な事と苦手な事、どちらの仕事に充実感を得られるでしょうか?得意な事の方が充実感を得られる方が圧倒的に多いのではないでしょうか。もちろん、仕事である以上、苦手な事も経験を通して学び、自分の力にする事は重要です。しかし、得意な事を積極的に伸ばしてあげることはもっと大切なことなのです。なぜなら、あなたが自分の得意な事を積極的に伸ばし、自身をつけることであなた自身の仕事に対するモチベーションが上がり、結果として仕事の効率があがるという形で企業に貢献することができるからです。そうなると、企業からの信頼も向上し、あなたはより仕事に対するモチベーションを感じるという良い循環が生まれます。まず、あなたがあなたの得意な分野を伸ばすことが、良い循環を生み出すきっかけになるのです。

プロフェッショナルの道を極めることができる

一般に、入社当初はあなたが何に向いているのか?ということが誰にもわかりません。あなたが管理職に向いているのか、調整役に向いているのか、技術職に向いているのか、営業に向いているのか、もしくは全く別の担当に向いているのかは、あなたにも上司にもわからないのです。そのため、通常あなたの上司はまずはとりあえずいろいろな経験をさせることによって、あなたに何が向いているのかを試してみようと采配を行います。
しかし、自分に向いているものが何なのかに早く気付く事ができれば、あなたは人より長くその仕事に携わることで技術を磨く事ができます。
そして、これは企業にとっても良いことでもあります。ただ経験を積ませることに人件費を費やすよりも、あなたを企業の中のプロフェッショナルに育てることに人件費を使う方がはるかに無駄が無く、還元される利益が大きいからです。

自分の強みを活かした仕事を呼び寄せる方法

自分の強みを自覚する

自分の強みを自覚するためのツールとして、ストレングスファインダーというものがあります。
これは、順番に質問に答えていくことで、システムが統計学の観点からあなたの5つの強みを算出するというものです。

自分の強みを周囲にアピールする

企業内で、自分の能力を活かして仕事をしたいと思っているならば、待っているだけではいつまでたっても状況は改善しません。積極的に、「自分はこんなことができる」「こういった内容なら自分に任せてください」とアピールすることで、アピールした内容の仕事があなたに集まってくるようになります。
しかし、アピールする際は誤解を招かないように配慮してアピールするように気をつけましょう。
例えば、「こういう仕事は嫌です」と言うと周りの人は「この人はやる気がないんだな」と感じてしまいますが、「こういう仕事を任せてください!」と言うと「この人はこういう仕事に強いのか、頼もしいな」と感じるようになります。やっている事としてはどちらも「仕事の選択」なのですが、「こういう仕事は嫌です」という言い方では、まず最初に仕事を拒否してしまっています。しかし、「こういう仕事は任せてください!」という言い方の場合は、最初から自分の強みが発揮出来るとあなたが判断した仕事を自ら呼び込んでいるのです。当然、拒否するより自ら仕事を呼び込む姿勢の方が、あなたの行動は積極的でやる気に溢れているような良い印象を与えますよね。

チャンスが来たら全力を尽くす

あなたが自分の得意な仕事を任されるようなことがあれば、それはチャンスです。しっかりとあなたの実力を示しましょう。自分で「この仕事が得意だ」と声を上げるからには高いクオリティが必要です。
しかし、完璧である必要はありません。それはこれからプロフェッショナルになっていく中で技術を磨いていくことなので、今はまだ完璧である必要はないのです。丁寧かつスピーディに仕事を行い、しっかりと全力を尽くすことでこの仕事におけるあなたの「伸びしろ」があることをアピールしましょう。
あなたがチャンス時にしっかりと全力を尽くし、アピールが周囲の人に伝わったなら、「次もこの人に声をかけてみよう」と次第にあなたに仕事が集まってきます。このサイクルを繰り返すことによって、職場でのあなたの役割が確立されていくのです。

周りの意見を聞き入れる

あなたがたとえ「この仕事には自信がある!」と思っていても、周りの人の意見を聞き入れる耳を持ちましょう。視野は広ければ広いほど良いです。周りの人の考え方に触れることによって、あなたの視野は広がり、より多角的にその仕事に向き合う事ができるようになります。
また、周りの人の意見を無視して自分の意志だけを貫くと、強調性がないと周りの人が離れていきます。人が離れれば、仕事も離れていきますので良い事がありません。
周りの人の意見も聞き入れる耳を持つことは、自分の成長のためだけでなく、周りの人との良好な関係を築く上でも重要なポイントです。

SNSでもご購読できます。