フリーランスのWEBデザイナーとして働くために必要な基礎知識

フリーランスという働き方の中で、WEBデザインは非常に需要が高い分野です。
この背景として、昨今ではスマートフォンやインターネットの普及により、WEBサイトがよりエンドユーザーに近い存在になったことがあげられます。
今までは企業がWEBサイトを持つ時は、主に対企業用の説明媒体として扱われてきましたが、今ではエンドユーザーに直接アプローチできる手軽な営業媒体であると認識され、ホームページの他にも企業ブログやキュレーションサイトなど、数多くのWEBサイト制作の需要が高まっています。
したがって、WEBデザイナーの方の需要も高く、実績さえ積んでおけば比較的安定的に案件を受注し続けることが可能な職業です。
ここでは、WEBデザイナーとして働くことに興味がある方向けに知っておきたい基礎知識をお伝えします。

WEBデザイナーの仕事の内容

WEBデザイナーの仕事概要

WEBデザイナーの仕事では、ホームページやブログ、キュレーションサイト、ECサイトといったインターネット上で見ることができるWEBサイトの構築を行います。
業務の内容としては「デザイン(企画)」と「コーディング(実現)」に分けることができ、デザインが出来る方はWEBデザイナーを名乗ることができます。ただし、近年の傾向としてはデザインとコーディングは1セットで取り扱われることが多い為、デザインだけの案件数は少ないです。
WEBデザインを行う際には、クライアントから「コンセプト」「デザインテイスト」「メインカラー」「コンテンツの内容」「ターゲット」といった断片的な情報が渡されます。
WEBデザイナーは、これらの情報を組み合わせて最適なデザインを作成し、クライアントに提案していきます。デザインに合意が得られた後は、コーディング業務に取りかかり、動作確認後に納品となります。

WEBデザイナーに求められるスキル

コミュニケーション能力

デザインを作る際には、まず最初にクライアントの要望を抽出する必要があります。
しかし、クライアント全員が自分の要望を言語化できているわけではありません。
「今より見やすくしたい」「サイトが古いので新しい感じにしたい」といったふんわりとした情報のみで、デザインについては完全に提案待ちのクライアントもいらっしゃいます。
それで全て任せてくれる場合は良いのですが、そうでない場合も多いのです。
クライアントはWEB制作に関しては素人であるため、デザインについて明確な要望はないけれど、お任せというわけではないのでとりあえず何パターンか提案してくださいという無茶振りを要求されることもあります。
しかし、明確な要求が見えない段階でデザイン案はできません。
こういった場合は、コミュニケーションを通してクライアントと一緒になってクライアントの頭のなかにある断片的な要望をまとめあげるということが必要になります。
相手の要望をうまく引き出すためには、とにかく相手とコミュニケーションをとることが大切です。会話の中で相手の思考を整理し、誘導することで相手が望んでいる内容を相手の言葉で言語化させることができるのです。

WEBサイトの構造に関する知識

WEBデザインを作る際には、後のコーディングのことも考慮してデザインする必要があります。
あまりにも斬新なデザインだと、当然コーディングの工数は上がってしまい、制作料金がかさんだり、全体の納期遅れの原因になってしまいます。
そういった事態を防ぐために、まず前提として、WEBサイトの構造はどのような基本があって、カスタマイズするにはどの程度の工数が必要なのかを判断しながらデザインを組み上げ、クライアントに提案することが必要です。

デザイン力

WEBデザインもデザイン業ですから、クライアントの要望をデザインに落とし込むだけのデザイン力が必要になります。
これは普段から様々なデザインに目を通しておくことで養うことができます。
WEBデザイナーの方は、普段からより多くのデザインを目にするように心がけましょう。
そして、自分が見るサイトの中で見やすいなと感じるレイアウトやデザインを見つけた場合、自分の仕事に活かせる部分がないかどうかをチェックしておきましょう。

WEBプログラミングの知識

WEBサイトの実制作であるコーディングはプログラミング言語を使ったプログラミングによって構築していきます。
そのため、WEBプログラミングの基礎知識は習得必須項目となります。
固定WEBサイト制作の場合は、HTML、CSS、javascript、jQueryといった言語の習得ができていると幅の広いデザインに対応ができるでしょう。
WordPressによるWEBサイト構築の場合は、固定WEBサイトで使用する言語に加えてPHPの知識があると、テーマのカスタマイズができますのでクライアントの要望に幅広く応えることができるでしょう。

実現力

WEBサイト制作では、プログラミングの知識だけでは乗り切れません。
どこをどう書けばクライアントのあらゆる要望を実現できるのか?という教科書はありませんので、自分の培ってきた経験に基づく実現力で臨機応変に対応していくことが必要になります。
いきなり始めからクライアントの要望全てに応えることは難しいですが、しっかりと基礎を学んで経験を積んでいけば、自ずと高い実現力が身についていきます。

WEBデザイナーとして働くために必要な設備

パソコン

WEBデザイナーの仕事はパソコン上で行いますので、自前のパソコンが必要になります。
デザイナーとして活動していくのであれば、適当なパソコンを購入するのではなく、画面出力の色調にも気を使ってPCモニターを選択するようにしましょう。
また、グラフィックソフトを支障なく使えるだけのスペックがあるかどうかも確認しておく必要があります。
スペックが足りない場合は、パソコンのパーツショップなどで要望を言えば手持ちのPCのスペック強化をしてもらえることがあります。
よほど古いパソコンの場合は買い換える方がお買い得ですが、新しいパソコンだけどスペックが足りないという場合は、カスタマイズしてもらう方が安価に仕上がります。

インターネット

WEB制作時は自分のパソコンのローカル環境で作業することもできますが、クライアントによる動作確認やWordPressによるWEB制作の場合はインターネットに接続できる環境が必須です。

グラフィックソフト

WEB制作において、ロゴやファーストビュー、バナーといった画像データが必要になります。
基本的にこういった画像データは単体であればグラフィックデザインなのでグラフィックデザイナーが制作するものですが、WEB製作時にはWEBデザインの延長線上としてWEBデザイナーが作るのが一般的です。
そのため、WEBデザイナーであってもIllustratorやPhotoshopといったグラフィックソフトが必要になります。

デバイス(タブレット端末、スマートフォン)

WEB制作が完了したあと、実機での動作確認を行う必要があります。
その際に各種デバイスがあるとより確実な表示チェックを行うことができます。
どうしても各種デバイスを用意することが難しい場合は、ブラウザの開発機能の中にあるモバイル版表示機能を使って、各種画面サイズではどのようにサイトが映るのかを確認しましょう。

サーバー・ドメイン

WEBデザイナーは、制作したものをクライアントに見せる必要があります。
しかし、近年ではWEB上で打ち合わせを希望されるお客様も多く、実際に足を運んでPCを見せることができないことがあります。
そんなときに、「こちらがお客様のデモ環境になります」とURLを渡しておくと、クライアントは実際の動き、ページデザインを確認しながら「もっとこうしたい」「ここを変更したい」とより具体性のある要望を抽出することができます。
最初は無料サーバーでも良いので、自分のサーバーを持っておくことが仕事をより円滑に進めていくポイントになります。
(参考:おすすめのレンタルサーバーを比較してみた結果

フリーWEBデザイナーの平均年収

WEBデザイナーの平均年収は300〜400万円台と言われています。
しかし、実績を積めば積むほど大規模かつ高額な案件の受注が可能となってきますので、単価の安い仕事は安易に受けずに高額案件を優先的に受注していくスタイルを取ると、500万円以上は稼ぐことができます。

フリーランスのWEBデザイナーとして働くメリット

デザイン業の中では単価が高い

WEB制作は、デザイン業の中では単価が高い業種です。
そのため、案件の切れ目なく仕事を受注できるようにさえなれば、フリーWEBデザイナー業一本で生活が成り立つだけの収入を得ることができます。

経験を積めば、他の業種にチャレンジすることができる

WEBデザイナーの仕事は、WEBデザインだけではありません。
コーダーの技術であるWEBプログラミングも行いますし、グラフィックデザイナーの技術、ライティングの技術も使います。
そのため、WEBデザイナーとしての経験を積めば積むほど、コーダーとしての技術、グラフィックデザイナーとしての技術、ライターとしての技術も向上していきます。
WEBデザインの受注案件に切れ目ができたときには、突発的に他の業種の案件をとって間をつなぐということができるのです。

フリーランスのWEBデザイナーとして働くデメリット

単価が下がってきている

WEBデザインにおける単価が近年下がってきています。
この背景として、WEBデザイナーの競争率が上がってきたことにより受注の難易度が上がり、一部の受注に躍起になるWEBデザイナーが入札価格を引き下げるということを行っている影響を受けているからです。
クライアント側が「デザイナーによってはもっと安く作ってくれる人がいる」と認識することで、業界全体での作業単価が下がってしまいます。
また、たとえ入札価格を引き下げて案件が取れたとしても、それはあなたを苦しめるだけです。
なぜなら、WEB制作において、制作時間はいきなり大きく削減することはできません。カットできるのは人件費のみです。
契約金額を下げて提案するということは、実質あなたの時給金額を削っているということです。
その自覚がないと、「案件は取れるけれど売り上げが上がらない、振り返ってみると高校生のアルバイト以下の時給で仕事をしていたせいだった」ということに後から気づくことになります。
価格を提案する時には、思いつきで値段を決めるのではなく、作業工数を見積もった上で時給を乗算することにより、適正価格で提案するようにしましょう。

終わり線を決めておかないときりがない

WEB制作は、良くしようとすればどこまでもカスタマイズすることができてしまいます。
そのため、最初に「ここまでの内容の契約で一旦終了になります」という終わり線をクライアント側に明確に示しておかないと、WEBサイトが出来上がってくるにしたがって、「あれもこうしたい」「これもこうしてみたい」といったクライアントの要望が次々と飛んでくることになります。
こういった要望は、特に最初の要望ヒアリングの際にクライアント自身の中で要望を言語化できていないクライアント(要は要望が固まっていない段階で依頼発注をかけているクライアント)に多く見られます。
終わりが伸び伸びになれば、当然あなたの負担は次第に大きくなっていきますし、次の案件に着手する目処もたたなくなってしまいます。
契約の段階で、作業の内容とそれらの金額内訳を明確にクライアントに示し、その作業範囲を超える依頼があった場合は継続カスタマイズ案件として新たに契約を結びましょう。

高額案件を受注できる WEBデザイナーの考え方

WEBデザイナーでは、数多くの単価の安く納期の短い案件を次々とこなすか、自分のペースで単価が高く納期が長い案件をじっくりと作り上げるかの2極化が進んでいます。
あなたは前者と後者、どちらのデザイナーになりたいですか?
通常であれば、圧倒的に後者の方が良いと思われる方が多いことでしょう。
こちらの方が、自分に無理なく働く事ができますし、案件にじっくりと向き合うことであなた自身のスキルアップにつながります。単価の安い案件を数多くこなすこともスキルアップに繋がらないことはないのですが、余裕がない状態だとどうしても「仕事」ではなく「作業」になってしまいがちですので、何かを考え、学び取る余裕がありません。本来であれば、しっかりと考えながらWEBデザインを行う経験を積む事が、あなたのスキルアップに繋がるのです。
また、面白いことに、新規で単価の安い案件を次々とこなす人よりも、自分のペースでじっくりと案件に取り組む人の方が、自ら営業をかけなくても案件に切れ間ができにくいという結果が出ています。これはリピーターが付くか付かないかの違いなのですが、クライアントからすると、短期間でサイトだけ作ってもらう人よりも、じっくりとコミュニケーションを交わしながら案件を進めてもらう人の方がより信頼度が増し、次もお願いしようという気持ちになるのです。

SNSでもご購読できます。