私が数あるレンタルサーバーの中からエックスサーバーを推薦する理由

私は今までいくつものレンタルサーバーでのサイト構築・運営・保守を経験してきましたが、それらの中から、私がいつもエックスサーバーを選択・提案する理由についてご紹介していきます。




サーバーの稼働率が本当に高い

まず最初に、サーバーを選定する上でサーバー稼働率は重要なポイントとなってきます。
このサーバー稼働率ですが、各社WEBサイト上では皆一様に99.99%稼働をうたっています。

しかし、残りの0.01%の部分に該当するのか、エックスサーバー以外の各社レンタルサーバーは数年に1,2度はサーバーが落ちます。
そんな中で、エックスサーバーだけは未だに落ちるということを経験したことがありません。このことから、残り0.001%の中の稼働率が、エックスサーバーは各社レンタルサーバーより高いと推測できます。

サーバー非稼働が何でも無い時であれば良いですが、サイト上で何かキャンペーン中だったりと「絶対に表示しておきたかった時」に被ってしまうと悲しいですよね。
そんな時のために、より安心できるエックスサーバーがおすすめです。

プラン内にバックアップ料金が含まれている

月額料金の安さが売りのレンタルサーバーでは、バックアップは完全にお客様責任です。有料でバックアップ機能をつけることもできますが、それをつけると「ではどうして安さが売りのこのサーバーにしたのか?」という料金がかかってきます。
対して、エックスサーバーでは最初からプラン内にバックアップ機能がついています。

エックスサーバーでは、2台のバックアップ用記憶媒体に、サーバー全ての同じ内容を書き込む二重管理を行っています。仮にサーバー本体またはバックアップ用記憶媒体のどちらかが壊れてしまったとしても、データは残り復元できるような体制です。
また、バックアップは毎日自動で行われ、全てのWeb・メールデータは過去7日分、MySQLデータベースは過去14日分のバックアップが保管されています。
自動バックアップとは別に、サーバーパネルから手動で自分の好きなタイミングでバックアップを実行できる機能も付いています。

これだけしっかりしたバックアップ体制が整っていれば、安心してサイト運営ができるというものです。

プラン内に独自SSL料金が含まれている

独自SSLとは、お問い合わせ・申し込みフォームなどの個人情報の入力するページなどで、悪質な第三者に情報を盗まれないために暗号化通信を行う、というものです。もちろん、サイト全体にSSL通信をかけることもできます。

月額料金の安さが売りのレンタルサーバーでは、バックアップと同様に独自SSL通信もオプションとなります。
しかし、近年個人情報保護やセキュリティへの関心が高まっている世の中で、SSLが付いていない申し込みフォームは入力者の警戒心を煽ってしまいます。
個人ブログでメルマガ用メールアドレスを入力する程度でしたらSSLを行わなくても許容されますが、氏名、住所、電話番号といった確実に個人を特定できるような情報を入力するフォームでは、SSL通信は必須になりますので、最初からその機能が付いているエックスサーバーを選んでおけばまず間違いは無いですね。

自動インストールに対応しているプログラム数が多い

エックスサーバーだけではなく、レンタルサーバーであれば誰でも簡単にプログラムのインストールができる「自動インストール」という機能がついています。
しかし、この自動インストールに対応しているプログラム数がエックスサーバーの場合は他社よりもかなり多いです。数にして、おおよそ1.5~2倍ものプログラムに対応しています。
WordPressやEC-CUBEはもちろん、wikiプログラムやその他マイナーなプログラムにも対応しているため、簡単に幅広いWEB制作が可能となります。

アクセス数が集中しても速度が早い

通常、レンタルサーバーではアクセス数が増えてくると、サーバー容量な、サーバー本体の処理能力、サーバー負荷分散方法に問題が発生し、ページを表示する時間が異常に遅くなります。
しかし、エックスサーバーでは「大容量で超高速」と銘打っているだけあって、アクセス数が月間数百万PVに達しても問題なくページを表示することができます。

エックスサーバーでは、高速化にこだわりがあるため、PHP5に比べて実行速度が2倍以上となるPHP7を採用したり、処理能力がモジュール版PHPと同等のFastCGIを取り入れたり、サーバー本体そのもののスペックを最新チップなどを使って高機能に揃えていたりと、新しい技術も取り入れながらより早く快適なサーバー通信を実現しています。
そのため、アクセス数が増えれば触れるほど、その処理能力の高さが際立ってわかるようになります。

数千〜数万PVあたりまでなら他のサーバーでも表示速度が気になることは無いと思います。
しかし、ブログやHPを長く運営していく中で、数十万〜数百万PVまでにアクセス数が上がってきたときには、他のサーバーでは耐え切れなくなります。

例えば、私のクライアントの中で、ブログやHPがよく落ちるから原因を調査してほしい、と依頼されることがあるのですが、大体のケースが無料版サーバーや月額料金の安さが売りのレンタルサーバーを使っていることにより、サーバーの処理能力を超えるアクセス数が集まった時にサーバー通信エラーとなっていました。
対応としては、エックスサーバーにサイトを移管させることをさせてもらったのですが、移管後は表示が落ちることが無くなりました。
しかも、これは1件や2件の話ではありません。同じような悩みを抱えられて、他レンタルサーバーからXサーバーへの乗り換えを希望される方が非常に多いのです。

そういったことがあり、エックスサーバーのサーバーの強さを実感した私は、新規でWEBサイトを作る時は、最初からエックスサーバーで提案するようになりました。
「サーバー料金は月額数百円高いですが、A社サーバーより容量が約2倍大きくて速度も早くて自動バックアップがついて、今後移管の必要がない」ということを伝えると、皆さんエックスサーバーを希望されます。

まとめ

1点ずつ、私が思うエックスサーバーが他レンタルサーバーよりも優れている点を見ていきましたが、いかがだったでしょうか。
確かに、月額料金の安さを売りにしているサーバーに比べると、エックスサーバーは月額数百円程度高いです。しかし、その数百円の差でこれだけの優秀なサーバーを使うことができるのです。
個人的にエックスサーバーは、サーバー自体スペックの高いものを使っている点や他サーバーであれば追加料金を取る機能を料金内に含んでいる点、高速化のために最新技術での開発を行っている開発費用のことを考えると、もっと月額料金を上げても良いくらいだと感じます。
なので、私たち使う側にとっては非常にコストパフォーマンスの高い、ありがたいサーバーであると言えます。
あなたも今後、サーバーの新規立ち上げや乗り換えを検討されることがあれば、エックスサーバーを選ばれると、快適なサイト運営ができますのでおすすめですよ。



SNSでもご購読できます。